ブログ

2020.06.15

【新年度 新授業紹介】ソーシャルスキルコース

 こんにちは、蒸し暑い日々が続いていますね。
 生徒たちも教員たちも、ようやく授業のある日々に慣れてきました。2ヶ月ぶんの遅れを取り戻すのは容易ではありませんが、目の前のことをみんな一つ一つ、コツコツと取り組んでいます。

 現在ピア高等部では、換気・手洗い推奨・消毒・分散登校・クラス分離などでコロナに対応しながら、授業をすすめています。

 実を言うと、今年度から授業もだいぶ新しい装いになっているのですが、変則時間割の現在ではなかなか真価を発揮できていません。

 今日は、2020年度から走り出したあたらしい授業の形のひとつとして、「ソーシャルスキルコース」をご紹介します。

生活で必要なお金の話

 これは従来「基礎コース」という名称のものでした。

 以前の基礎コースでは、始まった当初は簡単な計算問題を解いたりする勉強メインのコースだったのですが、それ以上に社会に出たときに役立つものを教えるコース授業が必要だろう、ということで、ここ数年は一般教養を教えたり、グループワークで協調性やコミュニケーション能力を鍛える授業を行っていました。

 そういう現状を鑑み、今年度からはより社会で役立つ実践的なスキル(能力)を鍛える「ソーシャルスキルコース」と名称を変え、さらにいろいろな社会的能力を鍛えるものに深化しました。

 たとえばお金についての教育。
 生徒の自立のためにとても重要なのですが、他の学校では、日々の授業の中でいわゆる教科授業というものが優先され、なかなか腰を据えて取り組むことがむずかしくなっています。
 ピア高等部では、こういったコース別授業の時間、ピアゼミの時間などを通じて、そういった金銭教育というものにも取り組んでいます。


トップへ