宮本 健太郎さん

憧れを目指して、頑張ろう

先輩の姿に魅了された

僕はいま、国⼟交通省⾃動⾞局総務部に勤めています。仕事は事務作業です。郵便物の仕分けや、書類のシュレッダーかけ、IDカードの管理などを主にやっています。

そこに就職する前には、都⽴城南職業能⼒開発センターというところで、軽作業の訓練をやったり、パソコンの練習などをやってました。⼊所して半年後の9⽉から10⽉にかけて、国交省で2週間ほどインターン実習を⾏って、そのまま「採⽤で良いんじゃないか、うちで働きなよ」と⾔ってくださって、12⽉から働いています。平⽇は毎⽇出勤するんですが、今回のコロナのことで在宅勤務の⽇もできました。ただ、持ち帰れる仕事もないので、ほぼ休⽇みたいになってますね。

横浜アカデミー、現ピア⾼等部のことは、中学校のスクールカウンセラーの先⽣に紹介してもらって、⾒学に来ました。その時、僕に話しかけてくれた先輩が、すごい格好良くて素敵な⼈で。こういう⼈に僕もなりたいな、と憧れて、ピアへの⼊学を決めたんです。

その先輩がボウリング部に所属されてたので、⼊学してからは僕もボウリング部を頑張っていました。ボウリング部に⼊れたことは成⻑の糧になったと思います。ボウリング部の後輩たちのことも⼼配でしたが、メンバーも増えて元気にやってるようで良かったです。ちなみに、僕の憧れの先輩は、いまも学校近くの町⽥ボウリングセンターで働いていますよ。

 

ピアに入学して変わったこと

僕は中学時代にあまり友達もいなくて、いじめられたりしてたんですが、ピアでは楽しくしゃべれる仲間ができたので、それが⼀番良かったと思います。能⼒開発センターでもいまの職場でも、友達が作れるようになりました。

まだ仕事は始まったばかりですが、お⾦をためて海外旅⾏したりとか、⾊々⽬標はあります。そういう⾃分の基礎を作ってくれたのがピア⾼等部だと思います。

この文章を読んでいる中学⽣の皆さんも、ぜひピアで仲間をつくって、⾼校⽣活を楽しんでください。


トップへ