ブログ

2019.12.12

基礎コース

今日はクリスマス会の話でもブログに書くか…と思いきや、写真データを移し替えるのを忘れてたので、とりあえず今回は基礎コースでどんなことをしているか、という話をしようと思います。

 コース別授業はいろいろありますが、他のコースはわかりやすいですよね。進学コースはなんか勉強してそうだし、デジテクはPCやって、声優コースは演技の練習とかかなあと、なんとなく想像つきますよね。
 しかし基礎コースというのはなんかよくわかりませんね。なんの基礎やらという感じです。
 基礎コースは正式には「基礎・就労コース」という名前で今年度行っていますが、特に卒業後の就職・就労移行支援等の利用に向けた訓練を行うのが就労チーム、就職も含め専門学校や大学進学など、まだ様々な進路を考えてる生徒が色々と応用のきく力を養う訓練を行うのが基礎チーム、という感じでコース内で2チーム2教室に分かれています。
 私は基礎を担当していますが、最近ではグループワークとして半分ゲームのような形で、協調性や伝達力、質問力などを高める訓練を行っています。11月の末から12月にかけては、「情報伝達ゲーム」に取り組んでいるので、今日はその様子をお伝えしようと思います。

 「情報伝達ゲーム」は教師の方で各グループの代表者に一枚の絵を見せて、それを代表者は口頭だけでグループメンバーに伝え、できるだけ似た絵をグループの仲間に描かせる、というゲームです。
 単純なゲームではありますが、絵のポイントを把握する能力・それを言葉にする言語力・わかりやすく伝える説明力・わからない部分を聞く質問力・情報をまとめて構成する表現力など、多様な能力を鍛える訓練になります。

 みんな最初はどう説明すればいいか手探り状態でしたが、回を重ねてだんだんとどういう形で言えば伝わりやすいか、何を聞くと要点をおさえられるか、そういったコツをつかんできました。

 情報伝達や報告連絡相談というのは、どのような進路を選ぶにしても社会人として必須の能力になってきます。そういった生きる上での基礎力というのを鍛えていくのが基礎コースなのです。


トップへ