学園長・校長挨拶

考え方が変わると
未来が変わる

学園長

この学校では、日々の生活において要求を適切に処理したり課題をこなしていくことができるようになったりするために必要な、社会適応能力や積極的な行動ができる能力を培っていきます。
ともすると学校教育は、アカデミックスキルに力点が置かれがちですが、ライフスキルを学ぶことによって、教師にとっても生徒にとっても学校生活はより円滑に、そして楽しいものになっていくと考えています。ですから、生徒が、生徒個人のさまざまな悩みまで、気軽に相談する学校です。

この学校では、高等学校を卒業するのは、当たり前のことです。その次を実現する学校です。
教室にずっと座っている授業がすべてではありません。ピア高等部では、行事や体験学習、総合的な学習の時間を活かした各コースの授業など、「自然」「社会」「文化」に飛び込んでいく体験型授業を多く取り入れています。そこには新しい発見や、人とのふれあい、自分を見つけるチャンスがあります。そして、そこからいろいろなことを感じとることが大切な勉強です。生徒の心の扉を開かせ、素直な心、素晴らしい個性を引き出し、明日に生きる個性を創造します。
ピア高等部での様々な経験の中から一生続けられる好きなことが見つかるように全教職員が一つになって応援します。

考え方が変わると、未来が変わります。

学園長 酒井 勝

一人一人を活かす教育

校長

我々は一人ひとりが何らかのハンディキャップを抱えて生きています。
人はみんな、何かしらのハンディキャップがあるからこそ、お互いに気づき、学べることが沢山あるのです。
そして「競い合ったり比べ合ったりする世界とは違う世界」があります。完全な人間などどこにもいません。多かれ少なかれ人はハンディキャップを背負っています。
だから差別する理由などどこにもなく、他の人と比較する必要もないのです。
人にはそれぞれの生き方があり営みがあります。
人は一人ひとりが違っていて当然なのです。
本校では、学習面、生活指導面において「競い合い比べ合い」をしないで、不揃いを認め合い、一人ひとりを活かす教育に専念したいと考えております。

校長 中村 並木

ピア高等部の想い

  • ピア高等部とは

    「ピア」とは・・・

    「ピア」とは、仲間・同類等のことを意味します。

    日本には昔から、「向こう三軒両隣」という言葉がありそういう関係が地域の絆を作ってきました。
    学校という社会の中で、絆がうまれたら、なんと素晴らしいことでしょう。
    ピア・サポート学習は、その「絆」を作るものです。
    「サポート」とは、支援・援助することです。
    私たちは、人と関わりながら生活を送り、関わることで成長し、人間形成がなされていきます。
    その関りの中で、気づき・思いやり・助け合いを作り上げていきます。
    まさに「生きる力」がそこにあります。

    この「生きる力」がちりばめられている学習の一つが、ピア・サポート学習です。
    自己理解・他者理解・コミュニケーションスキルを学び、対人間関係能力・自己表現能力を習得し、「社会に生きる力」につなげていきましょう。

    これらを学ぶ場が、ピア高等部です。

  • 教育理念について

    社会に必要な「生きる力」を
    育んでいきます

    ピア高等部は学校法人山口精華学園 精華学園高等学校の校舎です。
    通学は5日制、3日制、1日制から選ぶことが可能で、総合的学習では「ソーシャルスキルコース」「進学コース」「デジテクコース」「声優・アーティストコース」「さくらコース」の5つのクラスから自分の興味や学習への関心を育てます。

    通常授業では生徒それぞれの能力に合わせたカリキュラムで「さがのぼり学習」「進学学習」で学びます。
    こちらの校舎では特に、不登校、発達障害(自閉、ADHD、アスペルガーなど)、学習障害(LD)などの生徒を対象にした総合支援コースを併設しております。

    誰もが希望する進路に進めるように先生と生徒のマンツーマン指導で「大学」「専門学校」「就職」「就労支援」などベストな未来、じっくり考え、学習だけでなく「人との関わり方」などこれから生きていくための社会性も育んでいきます。

  • 教師・スタッフの紹介

    自立を支援する

    本校では高校卒業資格を取得することができますが、大切なのは「その後」です。

    一人ひとりの希望や適性・能力を良く見定めて、より丹念に、適切な進路指導を行っていくのが私たちの重要な使命です。進学希望者や就職希望者、また卒業後もまだ「その後」を探している人に対しても、私たちはその自立を見届けていきます。


トップへ