多胡美智子 先生

自己紹介

多胡美智子と申します。担当教科は国語科全般です。

 

生徒に向けてのメッセージ

高校の国語はいくつもの分野に分かれており、1年生では現代文Aと国語表現、2年生では国語総合と国語演習3年生では国語演習を学習します。

皆さんは国語の中で、何が一番重要かわかりますか?漢字能力はもちろんあったほうがいいに決まっていますが、それ以上に大事なことは読解力です。

情報化社会の現在、巷にあふれる多くの情報の中から必要なものを選び出し、整理して他に伝達する能力の基本となる部分です。読解力を制する者には、必ずや明るい未来があります。国語科では色々な種類の文章を取り上げて、分かり易い授業をしていきます。

 

保護者に向けてのメッセージ

最近の子どもたちは、とにかく活字を読まないと言われています。そのため、教科書で取り上げられているような有名な文学作品のみならず、評論や説明文の読み解きに非常に苦労するようです。ところがその反面、好きなゲームの説明となると必死に読んで理解に努めるというのも事実です。好きなものには興味を覚えて意欲的に取り組むというのは当然のことですから、生徒たちにわかる言葉で難しいことを分かり易く伝えるのが私の授業モットーです。

ビジネス文書や行政からのお知らせやデータなどの幅広い文書を教材にして、活きた国語力を身につけてもらえるようにしていき、文章能力検定取得のための学習もバックアップします。


トップへ