根本 沙英さん

中学が苦しくても、⾼校は楽しく過ごせるよって伝えたいです

大学進学を目標に 

 私は今、明星⼤学の⼼理学部⼼理学科に通っています。公認⼼理師や臨床⼼理⼠を取るためには⼤学院まで⾏く必要があるので、院進学を⽬指して勉強しています。

 ⼤学⽣活では、⾼校ではできない専⾨的な勉強ができることや、⾼校時代よりも多様な⼈と関われることが楽しいですね。

 ピア⾼等部を知ったのは、当時はまだ「横浜アカデミー」という名前だったんですが、⺟親が⾊々探してきてくれた通信制⾼校のうちの⼀つでした。

 他の学校も良かったんですが、ピア⾼等部は特に⽣徒と先⽣の距離が近くて、みんなが和気あいあいとして、楽しそうな雰囲気が好きになりました。

 私はその頃から⼤学で⼼理学を勉強したいという気持ちがあったので、学校⾒学したときの先⽣から、勉強⾯もしっかりサポートしていると聞いて、⼊学を決めました。

 

真摯に向き合ってくれる先生方

 実際に来てみると、普通⾼校よりも⼈数が少ないぶん、だからこそ皆で仲良くできるんだと実感しましたね。友⼈たちと、楽しい⽇々が過ごせました。

 勉強⾯でも、⾃分から望めば、先⽣たちがしっかりと教えてくれました。けして押し付けてくる学校ではないので、⾃分がどれだけやりたいかが⼤事ですね。

 先⽣⽅が真摯に対応してくださるというのが、ピア⾼等部だと思います。例えば進路担当の先⽣でなくても、AO⼊試のエントリーシートを添削してくださったり、⾯接の練習する時に相⼿になってくださったり。

先⽣全体で⼀丸となって、⽣徒に向き合ってくれます。

 

これから入学を考えている方へ

 私は、中学⽣の頃は学校に⾏けなかったんです。ピアに興味を持たれてる中学⽣の中には、そういう⽅が多いんじゃないかと思います。

 この学校には同じ苦しみを味わった⼈が沢⼭通っています。だから、例えば久しぶりに学校に⾏くっていうときに、ピア⾼等部だったら怖がらなくていい。他の⽣徒も先⽣たちも、そこをちゃんと分かって、優しく受け⼊れてくれます。

 この文章を読んでる中学⽣には、「もし中学が楽しくなくても、ピアだったら⾼校は楽しく過ごせるよ」って、伝えたいですね。


トップへ